クレジットカードを使いすぎた体験について

成人して会社で働き始めると、ポイントがお得や、特典を受けるためにはクレジットカードを作ることが条件になっている、等の理由からクレジットカードを作る機会が多くなってきます。

 

 

お金も信用もない学生時代とは違い、カード会社の審査をクリアできれば簡単に作成できます。一度クレジットカードを作ってしまうと最初のうちは使いすぎないように気をつけよう、と注意して使いますし、限度額も30万円位からスタートするので払えないほど使いすぎることはないのですが、きちんと毎月返済しているといつの間にか限度額が100万円に跳ね上がって、高額家電を購入してもなお、他のお買い物にもカード払いができるようになります。こうなるともう感覚が麻痺してしまい、私の場合は主に洋服につぎ込んでしまいました。

 

 

バーゲンがあればほしかった服や靴を買い、翌月一括払い。しかし月収と変わらない金額の請求が来るようになってきました。これでは日々の生活ができなくなると思い、ここで思いとどまればよかったのですが、社会人の強みであるボーナスが拍車をかけてしまいました。一括では払えなくなった分はすべてボーナス払いにしてしまい、結果夏のボーナスはすべてクレジットカードの支払いに消えていき、月の給料もクレジットカードの支払にほとんど使って1ヶ月間昼食代が130円ですごす羽目になりました。