過払い金請求の手順やメリットデメリット

過去にお金を借りていて返済した場合には、過払金が発生している可能性があります。最近はあまりその可能性はありませんが、2006年より前にお金を借りていた場合、過払金請求ができる可能性があるわけです。なぜなら、2006年を境に金利が変更しているからです。2006年より前の段階では、金利の上限は29.2%でした。ところが、2006年以降になると、その金利は減少し最大で20%になったわけです。

 

このように、途中で法律が変更していることにより支払わなくても良い金利を支払っている可能性があるため、その分を請求できます。それに加えて、金利の利息も請求することができるため結構な金額になることも少なくありません。具体的な手順としては、まず過払い金請求の業者に請求することになりますが大抵の場合には素人が行っても難しいですので司法書士や弁護士に相談することになるでしょう。

 

相談した上で、確実に取れそうだと判断した場合には弁護士の方に依頼し請求してもらえます。その後、調停などを行い和解などをしてもらえる金額が確定します。ただ、相手も徹底抗戦の構えならば、最終的に裁判になる可能性はあります。ただそこでも和解できる可能性はありますが、どちらを選ぶかは自由です。

 

過払い金請求の費用は、取り戻せた過払い金-事務所の費用となっているので、請求したら赤字になった…ということはほとんどないです。

 

なので、近頃盛んにテレビCMや新聞広告に載っているというわけです。

 

今お金を返済中でも、すでに返し過ぎているわけなので元金が減ることもあるようです。そうなると借金の返済も楽になってくるので一度相談するのもありかもしれないですね。