カードローンに追われて。某看護師の買い物依存症とカードローンで苦しんだ体験談。

某看護師として働いている20代後半の女性のカードローンで苦しんだ体験談です。

 

私は看護師を始めてから忙しさやストレス、自由の少なさなどから買い物依存症となってしまいました。そして、毎月毎月カードで買い物をしたり、エステなど高額なローンをカードで組んだりしてあっという間に200万ほどの借金をしてしまいました。その借金の支払いで毎月毎月給料がほとんど無くなってしまい、支払いに追われる日々となりました。

 

 

そしてお給料がほとんど支払いでなくなり生活出来なくなってしまう為、生活費はまた返済したカードの限度額から払っており、カードローンを事実上返していくことが不可能となりました。

 

全くカードローンが減らないのでアルバイトを始めることにし、徐々にカードローンを減らしていました。

 

しかし、体調を崩し職も失ったためまた支払いが困難となる生活になってしまいました。

 

しかし、医療費も払わなくてはいけないためまた借金が増えてしまいました。
体調が少し落ち着いてきた今、また再び正社員で看護師として働くことが出来るようになりました。
一時250万あった借金もあと150万ほどになりました。

 

相変わらず生活はギリギリで自由に使える生活費はほとんどありませんが、少しずつ借金を返すことが出来ています。
あと少なくても2年はかかると思いますが少しずつ返して借金を増やさないようにしたいと思います。

 

借金減額の債務整理の相談なら無料でできますよ
債務整理北九州